街の記憶 無くなる・無くなった函館の場所・建物

函館のこれから消え行く建物や場所、かつて存在した記憶に残る場所を掲載

渡島蔬菜農協ドーム(渡島ドーム)(2013/11解体)

1962年に造られた道南の野菜や海産物などが集まる朝市のうち、農作物を中心とした店が集まっていたドーム。2013年に建替えのため解体された。
住所 函館市若松町9番22号[地図]
update 2015/3/1

旧五稜郭タワー(2006年解体)

1964年(昭和39年)に五稜郭築城100年を記念して造られた高さ60mのタワー。2006年に現タワーができるまで、五稜郭公園を上から眺めることができるスポットとして観光客などに親しまれた。
住所 函館市五稜郭町43-9[地図]
update 2015/3/1

旧シーポートプラザ(2013年解体)

2003年冬に解体された旧シーポートプラザは、青函連絡船乗り場・待合室だった建物を改装し複合商業施設として活用された建物
住所 函館市若松町12[地図]
update 2015/3/1

旧JR函館駅(2003年解体)

2003年に現駅舎が運用開始されるまで使われていた駅舎。
住所 函館市若松町12-13[地図]
update 2015/3/1

函館どつく ゴライアスクレーン(2009/6解体)

旧函館どつく跡地に設置されていた2基の大型クレーン。
住所 函館市弁天町20番3号[地図]
update 2015/3/19

WAKOビル(2013/11解体)

昭和43年に市電通り沿い、函館駅前の好立地な場所に造られたデパートだった。新ビルに建て替えのため2013年10月末閉鎖、11月解体。
住所 函館市若松町20-1[地図]
update 2015/3/1


ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです
HAKODATE DAYS