公園・散歩スポット

大型の公園や施設、遊歩道など、函館市と函館市近郊の散歩・散策スポットを掲載

川原緑道と緑園通

本通から川原町を抜け深堀町へ辿り着くまでの道が川原緑道。そこから交通量の多い道を渡り、深堀から湯川3丁目まで続く道が緑園通と呼ばれている。全て合わせて全長3kmほどの緑が多いサイクリング&お散歩道路。
住所 函館市川原町付近から湯川3丁目まで[地図]
update 2014/6/17

笹流ダム

大正12年に建築された日本で始めてのバットレスダム。前庭は公園として整備されており、お花見・紅葉・バーベキューなどが楽しめる。
住所 函館市赤川町・陣川町[地図]
update 2014/7/31

昭和公園

函館市の昭和地区にあるジョギングコースやテニスコートを備えた公園。
住所 函館市昭和20-6[地図]
電話 0138-40-6322
update 2014/7/31

ダム公園

函館市北部、公立はこだて未来大学がある赤川方面へ進み、大学への交差点を過ぎても更にひたすら真っすぐと奥へと進んだところにある中野ダムのかたわらにある公園。
住所 函館市亀田中野町363[地図]
電話 0138-46-3282
update 2014/7/31
なとわ恵山

なとわ恵山

国道278号線沿いにある道の駅。函館方面から恵山へたどり着く手前にあり、土産物の買い物や食事を楽しむことができる。
住所 函館市日ノ浜町31番2[地図]
電話 0138-85-4010
update 2013/9/28

根崎公園

湯の川の温泉旅館が立ち並ぶ通りから空港方面に少し行ったところに位置する大きな公園。
住所 函館市湯川町3-6[地図]
電話 0138-21-3475
update 2014/7/31
恵山

恵山

1961年に道立自然公園に指定された活火山。車で到達できる山頂付近では、いまも硫黄臭の煙を上げる火山活動を観察することができる。
住所 函館市恵山町[地図]
update 2013/9/28
元町公園

元町公園

明治から昭和25年までは箱館奉行所も置かれていた場所。函館山の中腹に位置し、市内を一望できるビュースポット。階段状になった広場では、様々なイベントが開催されることも。
住所 函館市元町[地図]
update 2013/9/30
元町配水場

元町配水場

中区配水池と高区配水池の2種類から成る配水場。中区配水池は100年以上もその役割を果たす日本最古のもの。桜の時期はお花見客で賑わいを見せる。
住所 函館市元町1-4[地図]
update 2013/9/28
五稜郭公園

五稜郭公園

五稜郭公園の名称で函館市民に愛されている「特別史跡 五稜郭史跡」。蘭学者武田斐三郎の設計のもと安政4年(1857年)着工し、元治元年(1864年)に完成した洋式の城郭。
住所 北海道函館市五稜郭町44-2[地図]
update 2013/9/30
香雪園(見晴公園)

香雪園(見晴公園)

見晴公園内にある庭園で北海道内の庭園としては唯一の名勝(平成13年指定)。もともとは明治31年に財産家の岩船峯次郎が私財を投じて築いたもの。
住所 函館市見晴町56[地図]
update 2013/9/28
四稜郭

四稜郭

1868年の箱館戦争の際、脱走した旧幕府軍が五稜郭からおよそ3km北の山の中に築いた土塁。西洋式で蝶が羽を広げた姿のようにみえるのが特徴。
住所 函館市陣川町59[地図]
update 2013/9/28
啄木小公園

啄木小公園

「死ぬときは函館で」と願うほど函館を愛した石川啄木の座像が、特に好んだ大森浜と砂山の大森海岸沿いに函館山を背に位置されている。
住所 函館市日乃出町25[地図]
update 2013/9/30
道立道南四季の杜公園

道立道南四季の杜公園

2003年に函館市街を見下ろす丘陵地にオープンした道南発の道立公園。
住所 函館市亀田中野町199-2[地図]
update 2013/9/30
函館公園

函館公園

噴水、ミニ遊園地、ミニ動物園、文化施設を備えた都市公園。1879年に市民の手によって創設された。
住所 函館市青柳町[地図]
update 2013/9/28
緑の島

緑の島

函館市大町付近の海に浮かぶ人工島。広さはおよそ8ヘクタールで遊歩道や芝生グラウンドなどが整備されている他、絶好の釣りスポットとして気候の良い時期はにぎわいを見せる。
住所 函館市大町15[地図]
update 2013/9/28


ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです
HAKODATE DAYS